« 始めての日 | トップページ | 何に使おうかな? »

2009年5月21日 (木)

裁判員制度

   


   5月21日、いよいよ裁判員制度が始まった。

   裁判員・・・人を裁く人・・・何の法的知識もない人が裁判員に・・・

   犯した罪を法で裁くのなら、その知識のない人間に、どうやって裁けというのか

   はなはだ疑問に思うのは、私だけなのだろうか。

   一般人の感性だか 感覚だか知らないが、

   まるで感情で裁け、と言っているように思えてならない、

   その反面、被告人にネクタイや靴まで、押し着せる理由は

   裁判員に、犯罪者だとという印象を与えない為?・・・全く意味が解らない

   いつか見たコメントで、裁判員になったら、犯罪者に極刑を言い渡します

   当然死刑も・・・躊躇いはありません。 そう豪語していた人がいたが

   それを見て、この人は自分が人を裁きたいだけ・・・なのかな・・・ふとそう思った。
   
   自分が被告席に立つことは無いと思うが、それでも思ってしまう。

   法の名の下に、躊躇いもなくそれが出来る素人に、裁かれたくは無いと

   裁かれるなら・・・正しい知識を携えた法の番人によって・・・そう思う。

      

« 始めての日 | トップページ | 何に使おうかな? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506900/45083276

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度:

« 始めての日 | トップページ | 何に使おうかな? »

無料ブログはココログ