心と体

2009年6月22日 (月)

臓器提供

    

     自分が死んだ後、臓器を提供しますか?


     人間も、死んでしまえばただの物体で、 

     消費期限を過ぎたのに、放っておいた肉や魚と同じように

     腐って悪臭を放ち、やがてどろどろの水様になって骨だけが残る

     それを地に蒔けば、良い肥やしになるだろうし

     焼いて、煙や灰になったところで、風でも吹けば

     空中に舞い上がり、やがては地に落ち・・・やはり何かの肥やしになる

     そう考えれば、地に埋もれるのも、人の中に埋もれるのも

     大した違いはないのかな・・・そんなふうにも思えてくる

     誰かの為に・・・何かの役に立ちたい・・・

     そんなたいそうな考えなどは、全く無くて

     自分の死んだ後では、自分がどうなろうと自分には解らないのだから

     もし、使えるものがあったら好きなように使えば良い・・・

     その程度でしかないような気もする。

     死んでしまえば、それで終わり・・・・私は、そう思っているのだが

     もし仮に・・・・輪廻転生なんてものがあるのだとしたら・・・

     誰かの為に、自分の死後とは言え、臓器を提供した人は、

     俗に言う、徳を積んだことにはならないのだろうか・・・

     もしそうなら・・・もう一度、人間に生まれ変わる可能性が高いのでは

     しかしその時、失った臓器が病という名で、機能しにくくなるとしたら

     今度は自分が提供してもらう番・・・・になるかも・・・

     それこそが、本当の意味での輪廻になるのでは・・・等と思ったりもする。

     そう考えると、今臓器提供を待っている人たちは

     前世で徳を積んだ人達・・・という事に・・・・と言う訳でもないか・・・

     どちらにしろ、自分が死んだ後も、自分の一部だけが動き続ける

     その不思議さと不気味さに、少しだけぞっとしながらも

     ドナーカード、どうしようか・・・・と迷う自分がいる。

     

無料ブログはココログ